2014年04月30日

腹水が溜まる原因と腹水の漢方治療について

腹水、むくみの原因と症状、余命、漢方治療について

癌が進行し末期の段階に発症する疾患が「腹水」です。腹水の貯留は多臓器を強く圧迫するため、全身の機能が急激にに低下してしまいます。また、腹水の貯留は癌や肝硬変以上に余命に直結する部分も多く、早急な対処が必要になります。

今日は、その腹水の症状や原因、治療対策法について纏めてみました。ご覧ください。


腹水とは!?

35.jpg

体内にある臓器を包む膜を腹膜と言います。腹膜は臓器と臓器の摩擦を少なくするために腹腔と呼ばれる隙間を作っていますが、その腹腔には健康な人であれば通常20~50mlの水が有ります。その水が癌や肝硬変などの様々な病気によって体内の水分の代謝が低下することで貯留してしまい腹水になります。特に腹水が貯留することで余命に直結すると言われており、病院の医師も腹水が溜まったことで余命を宣告される方も多いようです。

腹水が溜まれば以下のような不快症状が現れます。

・お腹が張って息苦しい
・お腹が張って痛い
・食事が思うように取れない
・むくみがひどく身動きが取れない
・呼吸困難、動悸
・排尿困難、排便困難
・生命の危機を感じる


上記のように大変お辛い症状が現れます。その辛さは、患者様にしかわからない辛さだと思います。



腹水の鑑別、検査について

実際に腹水の鑑別、検査につきましては、腹部超音波検査、腹部CT検査などで発見することができます。こちらが参考になると思います。


腹水が貯留する原因として

腹水が貯留する原因として非炎症性腹水炎症性腹水があります。

非炎症性腹水とは漏出性の腹水とも言われてます。主に肝硬変や肝不全、心不全、ネフローゼ症候群などが考えられ腹水が貯留します。


非炎症性腹水(漏出性腹水)の原因

①低タンパク血症(アルブミンの低下)
肝臓で作られているものでタンパク質の一種になります。働きとしましては、血管内の水分調整をしてくれていますが、アルブミンが低下することで血管内に水分が保持できずに外に漏れ出してしまい腹水の貯留の原因になります。

②門脈圧の上昇
消化管を巡った血液は門脈(消化管から吸収した栄養成分などを肝臓に運ぶ血管)という血管に集まり肝臓に運ばれますが、肝硬変や癌により肝臓内に血液が運ばれなくなり門脈の圧力が上昇することで水分を血管外に押し出してしまうことで腹水の貯留の原因になります。

③腎機能低下による水分の排出低下
腎機能の低下により不要なものの排出ができにくい状態になります。腹水の排出経路は「尿・便・汗」となります。その為、腎機能が低下することで腹水の排出経路の1つである尿を排出する力が低下してしまい腹水貯留の原因になります。

炎症性腹水(滲出性腹水)の原因

腹腔内に炎症が起こり腹水が貯留します。
原因の疾患としては、腹膜炎、細菌性腹膜炎、癌疾患などが原因で起こります。炎症によって血管から滲出液が溢れ出していき腹腔内に腹水が貯留していきます。


西洋医学の腹水の治療

b638a7cf.jpg

腹水の治療としては主に「利尿剤」「アルブミン治療」「腹水穿刺」「腹水濾過濃縮再静注法」があります。腹水の排出経路としては「尿・便・汗」となります。その為、腹水のご状態にもよりますが、初期の段階では利尿剤でラシックスやスピロノラクトンを処方されご服用される方がいらっしゃいます。しかし、利尿剤のご服用を続けることで効果が弱くなっていきます。

また、強制的に尿を排出することや長期に服用することで腎臓に負担がかかり腎機能が低下してきます。

次の治療法として、アルブミン製剤の投与になります。アルブミンとは肝臓で作られているタンパク質の一種になります。肝硬変や様々な病気や食事が取れずに栄養状態の低下によりアルブミンが低下してしまい血管内の水分調整がうまくいかずに腹水が貯留する原因となります。その為、アルブミンを投与することで血中のタンパク質を増やす治療になります。しかし、このアルブミン治療は月にできる回数が決まっており、利尿剤と同様に繰り返し行うことで効果が弱まっていきます。


その為、最後の治療法として腹水穿刺になります。お腹に針を刺して腹水を抜く治療になります。腹水穿刺をすることでお食事が出来るようになった、身体が軽くなり動きやすくなった、息苦しさが軽減されてきたなどのメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。血圧の低下による倦怠感や腹水の中にも栄養分が入っているため栄養状態の低下、腹水の貯留するスピードが早くなるなどです。その為、腹水穿刺に似た治療方法として腹水濾過濃縮再静注法があります。

腹水を抜いて濾過濃縮して細菌などを除去した後に体内に必要なアルブミンなどの栄養分を体内に戻す治療法になります。腹水濾過濃縮再静注法も腹水穿刺をすることになりますので少しの体の負担はありますが、腹水穿刺のみに比べ栄養状態低下などの軽減になるため、QOLを落とすことが少ない治療法になります。



腹水が溜まってきた際、血液検査を確認することが重要です。

【血液検査の結果からわかること】

fotolia_65089680_xs.jpg

※正常値はかかりつけの病院によって違います。

■アルブミン(ALB)正常値は4.0~5.0になります。

アルブミンは肝臓で作られているもので、血液中の蛋白質の一種になります。働きとしましては、血管内の水分の保持をしてくれる働きになります。しかし、このアルブミンが低下することで血管内に水分保持ができずに血管外に漏れ出してしまいます。

その漏れ出した水分が腹水の原因になりますし、その他にも浮腫みなどの原因になります。


■コリンエステラーゼ(CHE)正常値は200~460になります。

コリンエステラーゼは肝臓の栄養状態が把握できる数値になります。コリンエステラーゼが低下することで肝臓の栄養状態が低下してしまい「蛋白質の合成」する力も低下してしまいます。その為、「アルブミンの低下」に繋がり腹水が貯留する原因になります。

■C反応性蛋白(CRP)正常値は0.1~0.3になります。

体内の炎症を表す数値になります。癌や肝硬変などの炎症を伴う疾患や肺炎などの様々な原因でも数値が上昇しますが、この炎症が高くなることで、腹水が貯留の原因や、抜けにくくなる原因になりますので数値の上昇に注意が必要になります。

■クレアチニン(CRE)正常値は0.3~1.2になります。

腎臓の機能を表す数値になります。クレアチニンの数値が高いということは腎臓に負担がかかっていることが考えられます。腎臓に負担がかかっているということは体内の不要な水分が排出されにくいという状態です。腹水の排出経路の1つは「尿」となるため腹水の排出経路が閉ざされてしまいます。

■赤血球(RBC)正常値は男性440~550 女性380~500になります。

赤血球が低下することで、各臓器や細胞に栄養素や酸素が運ばれずに各臓器の機能が低下してしまいます。機能が低下することで体内の代謝が低下してしまい不要な水分などの排出する力も低下してしまい腹水が貯留してしまう原因になります。

腹水はどのように対処すればよいのか?

まず、考えていただきたいのが、気力や体力が低下している腹水,、癌患者様に、効力が強く、身体に負担を与える治療を行ってプラスになることはありません。これは、腹水、癌患者様だけではなく、肝硬変やその他大病を患っている患者様も同じことです。

気力や体力が落ちた方に、抗癌剤や放射線のような副作用が強い薬を投与して元気になると思いますか?それは難しいと思います。抗癌剤により癌細胞だけではなく、正常細胞まで破壊されれば、健康な人であっても、身体はマイナス方向に向かうこと間違いありません。

上記のように、気力・体力が低下している患者様に、副作用が強く、リスクが高い治療を行うのではなく、まず、気力や体力を高めたうえで対策を行う必要があるのです。安心してください、個人差はありますが、通常、癌や腹水があっても気力や体力は向上するものです。


では、気力や体力を上げるためにはどのような治療が効果的なのか?

気力や体力を上げるためには東洋医学(漢方)が最も効果的です。

漢方には、エネルギー代謝の向上作用、血流向上向上、血液の質改善作用、水分代謝向上、免疫の活性向上、消炎・解毒作用、温煦作用(身体を温める)、養血作用(血液を増やす)骨髄機能活性作用、各臓器活性向上作用、抗腫瘍作用、血管新生阻害作用などの幅広い効果がございます。

実際にお医者様の中には、抗癌剤や放射線の副作用予防、術後の体力低下などで漢方薬を処方する先生も数多くいらっしゃいます。また、風邪や、食欲不振の際も病院で漢方は処方されます。このように漢方は弱った身体を強くする(底上げする)効果があるのです。

もちろん、漢方の効果は上記のような効果だけではございません。病院の治療では手が届いていない部分に働きかけるここが漢方の最大の魅力です。また、漢方は病院のお薬ように、一部分だけに作用するのではなく、身体全体のバランスを整え、患者様が抱えられているすべての不快症状に作用していきます。その結果、患者様の「自然治癒力」を高め、病気と闘う力を強化していきます。また、疾患によっては「体質改善」まで導いてくれる効果もあります。


【東洋医学による腹水の原因や治療・対策】

腹水、癌患者様は95%以上の確率で血流悪化を起こしています。それは、精神的なストレスや不安などから交感神経の働きが過剰になり血管が収縮するため、血流障害が起こります。その他にも、血液の汚れ、病院薬の副作用、内臓レベルの冷えなどからも血流悪化が起こっています。

血流が悪化すれば、各臓器に栄養素や酸素が行き届きにくくなり、各臓器の働きも低下してしまいます。また、全体の代謝が落ち、栄養素などの必要な物を上手く取り込むことができなくなったり、毒素などの不要な物を排出することもできなくなってしまいます。

東洋医学では、血流の悪化は、水分代謝の低下(体内の水の巡り悪くなる)に繋がるとされています。ご存知の通り、水分代謝が低下すれば、腹水などの余分な水分が体外へ排出されず溜まる一方の状態になってしまいます。それでは、何時まで経っても腹水などの余分な水分は排出されません。

その為、東洋医学ではまず全身の代謝の向上を図るため血液の質血液循環を良好にすることが重要とされています。

血液の質、循環が良好になるだけで、各臓器は活性し、全体の代謝が一気に向上します。その結果、体内の不要な毒素やお水は排出されやすい環境に変化していきます。また、必要な栄養素なども上手く吸収できるようになるのです。このサイクルがうまく循環すれば、気力や体力だけではなく、病気と闘うための免疫力の向上にも繋がるのです。

また、血流改善対策に加え、炎症対策も同時にできれば、さらに良いでしょう。



具体的には、東洋医学では、腹水が貯留する原因として考えられている事として
体内の代謝の低下により血流や水分代謝の低下
癌や肝硬変など様々な疾患による身体の炎症
肝臓の機能の低下や栄養状態の低下によるアルブミンの減少

上記の3点が考えられています。

その為、上記の3点の対策として
血流を向上させることで各臓器の機能向上することで栄養状態の向上や水分代謝の向上
身体の炎症の対策
肝機能を高めるための対策


上記の対策をすることで体の全体の状態が安定して腹水・むくみの対策となります。

では、漢方もたくさん種類がありますが、その中の一部をご紹介致します。
(※漢方は患者様の症状や体質により服用する漢方が異なります。)


基本的に漢方薬は、病院の治療と併用ができます。また、病院での治療やお薬での副作用の軽減の働きがあります。(※病院で漢方薬を処方される場合もございますので、その際は飲み合わせがありますので医師や薬剤師など知識を持った方にお尋ねしてください)

上記の点も踏まえ、今回は、「高麗人参」と「田七人参」をご紹介いたします。


高麗人参(こうらいにんじん)

数千年の歴史のある高麗人参ですが、あまりに多くの情報がありすぎて高麗人参の効果の良さが伝わっていません。高麗人参の働きとして癌と闘うために重要な免疫力の向上させる力は非常に期待ができます。その免疫の中でも重要になってくるのが白血球の1種類であるナチュラルキラー細胞です。ナチュラルキラー細胞は体内に異常なウイルスや細胞が発生した場合、すぐさま駆けつけて破壊してくれる働きがあります。

その為、癌の発生の抑制や進行、転移の抑制になります。しかし、癌の治療のため「手術」や「抗がん剤」をすることでナチュラルキラー細胞の働きが低下してしまいます。(その他にも低下する原因はストレスや食生活などもあります)そのような治療を行う前に高麗人参を服用されている事でナチュラルキラー細胞の働きの低下抑制の働きもあります。また、治療後の体の状態が非常に良く辛い状態が軽減される方も中にはいらっしゃいます。

また、ガンによって起こる、貧血や体力低下、食欲不振、倦怠感などの緩和にも有効です。さらに癌治療の「手術」「抗がん剤」「放射線」などによる胃、肝臓、大腸、骨髄の負担を軽減してくれ、機能の回復の対策にもなります。


商品参考ページ

高品質 高麗人参の詳細
(濃縮タイプで吸収率が良く、高品質六年根高麗人参)

東洋医学によるがん治療
(癌の際よく処方される漢方薬の纏め)


田七人参(でんひちにんじん)

田七人参は特有の効能を持つため、中国では昔から非常に希少価値があるものと考えられているものです。特に田七人参の働きとしては、人間の健康にとって重要な部分である「血液の質」や「血液の流れ」と整えてくれるものになります。癌患者様の場合、今までの治療により血液の質や血流が低下していることが考えられます。血液の働きとしては栄養や酸素を各臓器や細胞に運んでくれる働きがあります。

その為、血液の質や流れが低下することで各臓器や細胞に栄養や酸素が届けられずに、各臓器の機能の低下や体の栄養状態の低下の状態になってしまいます。また、抗癌剤の副作用として「痺れ」「麻痺」の症状が出る方もいらっしゃいますが、この症状も血流の低下が考えられます。その他にも血流がよくなることで体温が上がり免疫力が向上されます。その為、田七人参には「各臓器の機能活性」「栄養状態の向上」「免疫力の向上」などの働きがあります。

その他にも田七人参の働きは、癌による非常に辛い炎症(痛み)を軽減させてくれる抗炎症作用。癌の手術後による出血を軽減させてくれる止血作用などの働きもあります。また、「田七人参」は肝炎や肝硬変などや腎臓病や生活習慣病(高血圧、糖尿病、動脈硬化など)の多くの慢性疾患の対策にもなります。


※上記2種類の漢方薬を紹介させていただきましたが、癌の進行状態や体の状態により個人差がございます。

※上記2種類を服用する際は、医師又は薬剤師に確認してください。


田七人参 参考ページ

田七人参 正規品販売店
(世界が認めた高品質田七人参・錠剤タイプで飲みやすい)


癌と癌の進行に伴う腹水・胸水の対策法について

漢方と温熱の併用対策

基本は病院の治療となりますが、病院の治療のサポートとして漢方と温熱の併用対策もあります。東洋医学では癌や肝硬変、腹水などの疾患は体内・臓器レベルで起こる冷え』『全身の血流障害などが主な原因と考えております。

その中でも血液の流れが停滞することで体内の代謝不良が起こり結果、水分代謝の低下に繋がっていることも考えられます。その為、体内に不要な水分(腹水・胸水)が貯留してしまいます。また、癌、腹水患者は血流障害が原因で体内・臓器レベルに冷えを抱えている患者様が殆どです。

その為、上記の原因を改善するために、漢方で血液の循環を良好し体内の代謝を向上させることが重要です。血流が高まり代謝が向上することにより結果、水分代謝も向上し、体内の余分な水分+毒素が「尿」「便」「汗」として排出されやすくなります。

血流が向上すれば、その他にも栄養素が各臓器にしっかりと運ばれることで、臓器の機能向上や体の栄養状態の向上、免疫力の向上につながり腹水だけでなく癌や肝硬変などの疾患の症状の抑制・軽減に繋がります。しかし、癌や肝硬変を伴う腹水患者様の場合、血液の流れは酷く悪化しています。その為、漢方で血液の循環を改善する漢方を使用しますが、正直に、漢方だけでは弱い場合もございます。

そこで、漢方治療に、温熱を加えることで、さらなる血流向上、水分代謝向上に繋げていきます。
(※漢方と温熱の併用は、体の中からと外からで血流改善を図っていきます。)

ご存知な方も多いと思いますが、温熱は病院でも行われている治療法の1つで、主に癌の対策、抗癌剤や免疫療法、高濃度ビタミンC、マルヤマワクチンなどの効果を高めるために実施されています。大病を抱えられた患者様に注目されている対策法の1つです。

ただ、患者様の中には、病院まで通院できない方、ご自宅で温熱を取り入れたい方は遠赤外線を使い全身を温めてくれる鉱石粉砕加工シートなども良いでしょう。鉱石粉砕加工シートは、マイルドな温熱効果で全身の血流量を高め、体の隅々まで血液の流れを良好にし、全身を温めていきます。

※ポイント・温熱は一部だけを温めるのではなく、全身を満遍なく温めることで血流・水分代謝の向上に繋がりやすいとされています。

参考にされてください。

文才が無い為わかりにくいとは思いますが、腹水でお悩みの方やそのご家族様に少しでも参考にしていただけたらと思います。


温熱参考ページ

鉱石粉砕加工シート
温熱・遠赤外線効果で全身の血流を高め代謝の向上を促す!)

※↑医療用具ではありませんので、健康促進等の補助目的で御使用下さい。

温熱療法の効果-自宅で行う全身温熱マット
温熱療法の効果や併用治療などを詳しく解説!)


温熱参考動画
『岩盤浴マットで血流が劇的に変わる!』









♯腹水漢方♯腹水診断♯腹水肝臓♯腹水がん♯腹水温熱♯腹水治療♯腹水鑑別♯腹水色♯腹水肝硬変♯腹水余命♯腹水原因♯腹水婦人科♯腹水たまる♯腹水抜く♯腹水画像♯腹水改善♯腹水川島なお美♯腹水温熱マット♯末期がん芸能人♯末期がん治療♯末期がん温熱♯末期がん漢方♯末期がん癌♯末期がん抗がん剤♯末期がん緩和ケア♯末期がんブログ♯末期がんステージ4♯末期がん闘病生活♯末期がん余命
posted by 山本 at 11:33| Comment(9) | 腹水 漢方 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。